Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.08.17 (Thu) 00:09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.02.02 (Wed) 01:15
第12話より続く)

あたかも女神の気まぐれの如く、運命はいつも前触れなしに突然やって来る。

獣医2年目の彼の楽しみの一つは、休日にネットカフェに行くことであった。
まだADSL接続もGoogleもなかった1998年、それは話題の最新スポットだったのである。
ガラス張りの建物の中に観葉植物などが置いてあるスタイリッシュな空間で、彼は高い椅子に腰かけて「ネットサーフィン」を楽しんでいた。

YahooやExciteなどで何回か検索を繰り返した後、彼は検索ウインドウに「宇宙 医学」と入れてみる。
ズラッと並ぶ検索結果の何ページ目かにあったサイトのリンクを何気なくクリックしたとき、彼の脊髄に電撃が走った。
それは某大学の「宇宙医学実験センター」のサイトだった。

***

時は3年前、彼が獣医学科の5年生だった1995年の夏に遡る。
何気なく大学の掲示板を眺めていた彼は、所狭しと貼りつけられた掲示物の中のある一枚を見た瞬間にフリーズした。
それは、宇宙開発事業団の「宇宙飛行士候補者 募集要項」であった。

そこに記されている「応募条件」の3番目には、次のようにある。
自然科学系の研究、設計、開発等に3年以上の実務経験を有すること。
(平成7年8月31日現在。なお、修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなします。)


これを見た彼は、宇宙飛行士になるためには博士号を取得するのが有利だろうと考えた。
実際、宇宙開発事業団初の宇宙飛行士である毛利衛さんは理学博士だし、アメリカの宇宙飛行士も博士号取得者が少なくないと聞く。
自分も何とかして博士号を取りたいものだ――。

しかし彼の実家は裕福ではなかったから、大学院に行きたいといっても援助は得られなかった。
彼を6年もの間大学に行かせる親としては、卒業後はすぐ働いて欲しいというのはもっともなことだ。
したがって、大学卒業後にそのまま大学院進学という選択肢は、彼にはなかったのである。

***

「宇宙医学実験センター」のサイトを映し出したディスプレーを食い入るように見ると、日本唯一のその施設を持つ大学は、何と彼の実家からギリギリ通える距離にあるではないか!
それなら、経済的な負担はかなり軽い――。
彼は「なぜ今まで気付かなかったか?!」と自分を少し責めさえしたが、まだネット検索も一般に普及しておらず、そもそも大学院進学自体が現実的な選択でなかったことを考えれば、それは無理からぬことかもしれない。

「とにかくコンタクトを取らねば!」
もともと臨床獣医師として勤務するのは、3年間と決めていた彼である。
まだ見ぬ宇宙医学実験センターとそこでの研究生活に思いを馳せ、彼はネットカフェを後にした。

第14話に続く)

拍手[4回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[266] [265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.