Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.10.18 (Wed) 14:50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.05.25 (Wed) 01:53
人に危害を加えるなと言いつつ、害する者。
人を殺すなと言いつつ、殺す者。
その者に富と権力があったとして、果たして人はそんな生き方を求めるのだろうか?

アルカイダのリーダーだったオサマ・ビンラディンは、アメリカによって殺された。
アルカイダに関する重要な情報を持っていると目された容疑者は、アメリカ当局によって拷問された。
世界で最も豊かな経済的富と、最も強力な軍事力を持つアメリカによって。

小学校や中学校には、たいていどこにでもガキ大将的な生徒がいる。
私は子供の頃、残念ながら彼らのような力はなかったので、自分の意を力で通していく彼らのやり方をいつも苦々しく眺めていたものだ。
私は、そんなガキ大将も成熟して大人になれば力で社会の良識をねじ曲げるようなことはしなくなるだろう、などと漠然と思っていた。

この記事を読むと、そんな私の子供の頃の思いがいかに青くて、世間知らずで、甘ちゃんなのかと思い知らされずにはいられない:
特別リポート:ビンラディン殺害計画の内幕、米政権13年間の迷走
私は自由の国アメリカが好きだが、そのイメージから程遠い今回の事件はまったく遺憾だ。

「殺しのライセンス」は、007とパタリロだけにして欲しい。


むろん私はアルカイダのやり方や、してきたことに同調するわけではない。
しかし、相手がいかに極悪非道なことをしてきたにしろ、だからといって非人道的な拷問や殺戮が許されるのだろうか?
いかなる理由にせよ、拷問や殺戮を行った者が、明るく平和な暮らしを送れるのだろうか?

相手の首謀者を殺したり、関係者に拷問を行うことで、本当に問題は解決するのだろうか?
結局、経済的に豊かで強い国が行うことが正義なのだろうか?
我々人類とは、そのような種族なのだろうか?

仮に、拷問したり、殺戮したり、その他諸々の良識に反する手段に訴えなければ富や権力が得られないとして、そうまでして得た富と権力が、そんなにありがたいのだろうか?
人間は、未来永劫そういう存在のままなのだろうか?
私は、まっぴらごめんだ。

拍手[1回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: マエノメリ
暗殺は、所詮暗い。
そこに歴史は光を当てない。
2011/05/27(Fri)11:38:59 編集
★確かに・・・
NAME: Ken Takahashi
暗殺が輝かしい歴史として紹介されることはないですね。。
2011/05/30(Mon)22:37:08 編集
★無題
NAME: SLT-A77
私は私のウェブサイトに次のような何かを投稿するに思っているとこれは私にアイデアを与えた。乾杯。
2011/11/13(Sun)10:18:34 編集
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.