Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.06.28 (Wed) 22:55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.02.17 (Thu) 00:57
第22話より続く)

1999年は、彼に様々な出来事が起こる年である。
1月11日――それは辛くも完走を果たした初ハーフマラソンに先立つことおよそ2週間前――には、彼は『英検1級 読解・記述問題ターゲット』という問題集を新たに始めている。
1月初旬というその時期から、新年を迎えて「絶対に1級を取る」という決意を新たにしたことが窺える。

その1週間後の1月18日には、環境医学研究所の所外研究員の正式な申請手続きがされている。
さらにその2日後には、実家から寝耳に水の報せがあった。
彼の母方の祖父が逝去したのである。

***

彼は、彼の名をつけたというその祖父を、幼少の頃から尊敬して慕っていた。
若い頃は頑強だったその祖父も、万人に等しく訪れる老いには逆らえず、あるとき入院することになった。
当時大学生だった彼は、病院に見舞いに訪れた。

その頃既に宇宙を目指して英語を学んでいた彼は、病院を訪れる道中にも問題集などをしていたに違いない。
彼が病室を訪れたとき、祖父は弱々しくベッドに寝そべっていたが、彼の顔を見ると面を明るくした。
1時間ほどしたところで彼が帰ろうとすると、彼の祖父は「君はもう少し居るのかと思ったよ」と言って咎めた。

それを聞いた彼の母と祖母が、彼は忙しいからと言ってなだめてくれたので、少々バツが悪いながらも彼はお暇してしまった。
呆れたことに、彼は『松本亨英作全集』を進めたくて仕方なかったのである。
浅はかな彼はそのとき全く考えていなかっただろうが、それが、彼が祖父と話を交わす最後の時になってしまった。

***

何ということだ――。
仮にあのとき数時間の英作文をやらなかったとして、いったいどれくらい英語の習得が妨げられたというのだろう?
何も話すことなどなくても、ただ傍にいて祖父の心を少しでも癒した方が、よっぽど良かったのではないか?

葬儀のとき、彼の頭を巡っていたのはそんなことかもしれない。
しかし、そんな風に過去の過ちを責めたところで、あの世の祖父は喜んではくれまい。
今や空の星となり彼を見守る祖父は、「己が成すべきことを成せ」と言うことだろう。

病気の祖父との面会時間を惜しんでまでするやり方はともかく、彼が英語の習得にただならぬ情熱を注いでいるのは、紛れもない真実である。
逆に、面会時間を削るまでしたにもかかわらず中途半端に終わってしまっては、彼岸の祖父が許すまい。
その意味でも、彼は英語習得の道を邁進するよりほかない。

彼が『英検1級 読解・記述問題ターゲット』を終えるのはその年1999年の10月28日であるが、彼が実際に1級の試験を受けるのは、もう少し先のことである。

第24話に続く)

拍手[4回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.