Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.06.28 (Wed) 23:02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.03.09 (Wed) 07:28
第37話より続く)

国際宇宙連盟会議(IAC: International Astronautical Congress、別名IAF会議)は、1950年にパリで第1回会議が行われて以来、10月の始めに5日間ほどの日程で毎年開催地を変えて行われている。
彼が無重量セミナーで出会った医学生の男は、1999年にオランダ・アムステルダムで行われた第50回会議に参加したらしい。
NASA、RKA(ロシア宇宙庁)、ESA(ヨーロッパ宇宙機関)など世界の宇宙機関の長官や、宇宙開発に関わる技術者や政策決定者など約1500人が開催地に集結し、宇宙開発の最新の状況や今後のあり方などについて発表を行う、世界最大の宇宙関連会議である。

この会議自体が興味深いものだが、さらに彼の興味を引いたのは、日本の宇宙開発事業団(NASDA)が学生を10数名選抜してこのIACに派遣するという事業を、1999年から始めたらしいことだ。
その学生達は、言ってみれば日本を代表する学生使節団とでもいうべき存在であるから、日本で最も宇宙に近い若者達と言ってもあながち間違いではあるまい。
その「使節団」の一員となれば、日本人宇宙飛行士候補者の選抜を行うNASDAとのパイプも、当然太くなるに違いない。

2年前のIACに参加した男の話から小さからぬ刺激を受けた彼は、IACに関する情報をネットであちこち探し回る。
どうやらつい2、3ヶ月前には、NASDAの選抜で10数人の学生がIACリオ・デジャネイロ大会に参加したらしい。
しかし、彼が最も求めている次回大会への派遣事業についての情報は、ありとあらゆるところをしつこく探し回っても、気配すら感じられない。

情報によると前々回と前回の派遣事業の告知は4月末頃に行われたようだから、それまで待つしかあるまいという結論に彼は達した。

西暦2000年の末。

彼が宇宙を目指す決意をして以来、英語の勉強や身体の鍛錬や医学研究科への入学など、振り返ってみれば一人の人間にとって膨大なエネルギーが費やされてきたものの、客観的に見ればこれといって主だった成果もないまま、8年の歳月が流れていた。


そして、我らが地球は21世紀を迎える。
それは新しい世紀の始まりであると同時に、新しい千年紀の始まりでもある。
宇宙の片田舎の地球人が考え出した暦の一つと言ってしまえばそれまでだが、それでも人は新しいミレニアムに、多かれ少なかれそれぞれの期待を抱いていることだろう。

彼は、新年早々の1月18日にNASDA主催の「若田宇宙飛行士帰国後連絡会」に参加する。
そこには日本人宇宙飛行士の若田光一さんをはじめ、国際宇宙ステーションの組み立てを任務とするSTS-92ミッションから帰還した世界の宇宙飛行士達が集結しており、彼らの話を直に聞くことができる。
本物の宇宙飛行士は黙って座っていてもオーラを放っているもので、それを至近距離で目の当たりにした彼は、彼らからまた新たな活動のエネルギーを得たに違いない。

環研での研究や、通学電車でのシャドーイングの日々は過ぎ、2001年は4月を迎える。
研究が軌道に乗り始めた大学院生活は相変わらず忙しいものだが、最大の関心事であるIACは常に彼の脳裏にあり、彼は定期的にNASDAのホームページなどのチェックを繰り返していた。
それにもかかわらず、待てど暮らせど全く音沙汰のない状況に、彼は焦りや苛立ちさえ感じていたかもしれない。

しかし2001年5月16日、ついに彼は待ち焦がれていたものをNASDAのサイト上に発見する。

第39話に続く)

拍手[4回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.