Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.08.17 (Thu) 00:10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.03.03 (Thu) 07:31
第32話より続く)

彼が英検1級を受験したのは今回で4度目だったが、いつものことながら出来栄えに自信はない。
大量の英文に圧倒されるその試験で、彼は時間内になんとか全問解答するのがやっとである。
それでもとにかく試験は終わったから、彼はここ2ヶ月間の緊張から開放された。

この頃の彼の日常はというと、平日は研究室の実験で忙しいが、週末もまた暇ではない。
土曜日には専門学校で生理学の講師(それは研究室の教授の紹介で得た仕事である)をし、日曜日には研究で環研に行く。
それは気楽な生活ではないが、しているのは自分が求めていたことなので、彼に満ちているのは不満ではなく、充実感である。

しばらくして、日本英語検定協会から彼の実家に一通の葉書が送られてきた。
先日の試験の結果に若干の期待を抱きつつ、彼は葉書のシールをゆっくりと慎重に剥がして開く。
そしてそこに現れた文字は――またしても不合格Bである。

何ということだ、4回続けて同じ結果とは――!
それはフラストレーションを感じずにはいられない状況だろうが、彼を救ったのは、それでも毎回いくらか点数が上がって来ていることである。
3年前の試験では122点満点中59点だったが、今回は72点である。

この試験のために特に単語・熟語の勉強に集中してきた彼だが、語彙・熟語の項目が前回は30点満点中8点だったのに対し、今回は18点に上がっていた。
電車で揉まれて、人目を盗んでまでした勉強が功を奏したのは間違いなかろう。
語彙・熟語の弱点を補強した今、残る項目は読解、作文、聴解だが、これらに関しては特にどれが弱いという傾向はなく、全体的に点数が足りないという状況だ。

もし彼に才能があれば、英語の習得にここまで苦労することはあるまい。
しかし、それは彼が背負った宿命であるから、不平不満を垂れたとて、自分の価値を下げるほかに何の報いもあるまい。
彼は、華麗とかスマートとかいった時流に乗った華やかな性質は持ち合わせていないが、その代わりに打たれ強さは持っている。

試験の結果は不合格であったが、より本質的なことは、彼の英語が宇宙で通用するかどうかである。
彼は、自分の力がまだまだそれには及ばないことをよく分かっている。
そうであれば、ここで諦めるという選択肢はない。

彼の人生の河で、「4度目の英検1級挑戦」という小さな泡沫がまた消えていく。


絶対に英検1級を取ると決意している彼は、すぐさま次の行動に打って出る。
どうやら困ったときには本に相談するというのが彼のやり方らしく、彼が向かった先はまたしても書店である。
そこで彼は、『CNN English Express』なる雑誌に目を留める。

その教材は、CNN(アメリカのニュース専門放送局)のニュースをいくつかピックアップしたCDと、それを徹底して解説した記事から構成されている。
政治・経済・科学などの質の高いニュースはもちろん、話題の有名人との対談コーナーや、最新の映画の紹介なども収録されていて、飽きさせない内容になっている。
これは英検1級の勉強に相応しいと考えた彼は、毎月発売のその教材を定期的に買って勉強することになる。

ここで、彼の英語勉強法に革命的な変化が起こる。

第34話に続く)

拍手[3回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.