Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.24 (Mon) 17:48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2006.12.15 (Fri) 01:07
(回想録-2の続き)

スタートの瞬間、スイムキャップの下に装着したGARMIN-GPSと、腕の時計のストップウォッチをスタートさせた。

黄色のスイムキャップの私は、焦るわけでもなく最後尾に陣取っていた。
もっと速いトライアスリートは、茶色や青や白のキャップをかぶって、私の前を泳いでいる。
レースを申し込むときにスイムの予想タイムを1時間30分と書いたので、後ろの方に振り分けられたのだろう。

砂浜を何歩か歩いて水面がひざまで来ると、私は泳ぎに入った。
写真で見たとおり、水は非常にきれいだ。
砂浜や海草がくっきりと見える。
ゴミなどまったく見つけられない。



波のない穏やかな海。
プールの練習で2~3回3泳いでいたので、スイム3.8kmは制限時間の2時間15分以内に泳ぎ切る自信があった。
「ここで急いで数分タイムを縮めても、レースの大勢には影響するまい」
そう思いながら、無理せずいつものペースで泳ぐ。

2ストローク毎に1回、左で息継ぎを入れる。
ジェッティー(桟橋)を右回りにターンするコースでは、左の息継ぎは不利だ。
まっすぐ泳いでいるつもりでも、気が付くとずいぶんジェッティーから離れて泳いでいる。
極端に右に向かって泳ぐくらいで、ちょうど真っ直ぐ進む感じだ。

6ストロークごとに1回、ヘッドアップして前を見る。
しばらく泳いでいると、ようやく黄色いブイが見えてきた。
「あそこまで行けば折り返しだ」



そう思いながら延々とかきつづけるのだが、ブイはなかなか近づいてこない。
「もうどれくらい泳いだのだろう?」
そう思いつつさらに泳ぎ続けると、ようやく折り返し地点にたどり着いた。
いったん止まってストップウォッチを見ると、45分を指している。
このペースなら大丈夫だ。

(回想録-4に続く)

拍手[1回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.