Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.10.18 (Wed) 14:50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.03.24 (Thu) 00:15
第42話より続く)

相手に指定された日時に必ず電話を取らなければならないというのは、それ自体がプレッシャーだ。
しかもそれが英語による電話インタビューで、その出来によって自分の将来が左右されるほど重要なものであれば、なおさらである。
この日のために周到に準備した想定問答の原稿を前にしつつも、彼は足が宙に浮いているような気がしてならない。

彼の過去を振り返ってみれば、ちょうど同じように英作文の原稿を用意して、緊張しきって電話の前に座したことがなかったか。
あれは8年前、彼は初めての海外旅行でバックパックをなくしてしまい、サンフランシスコのホテルからアメリカン航空のデスクに、拙い英語で何度も電話をかけた。
それを機に己が英語力の至らなさを痛いほど実感し、獣医師となってからも激務の合間を縫いつつただひたすら英語を学んできたいま、ようやく「宇宙」と名の付くものにその鍛えた剣をふるう機会が与えられている――。

「プルルルルル・・・」
ベルが3回鳴るのを待ったあと受話器を上げる彼の手は、いつからか緊張で汗ばんでいる。
相手は紛れもなく国際宇宙連盟会議への「使節団」を選抜する、Join us at IAF2001事務局の担当者だ。

いよいよインタビューが始まると、彼は緊張で受話器を耳に押し付けるが、話し始めた瞬間にそれは意外にも少し和らいだ。
というのは、彼はインタビューアーとしてネイティブスピーカーを想定していたのだが、それが日本人であることを察知したのだ。
相手の質問は事前に作成した想定質問といくつかかぶっていたから、準備した原稿に少しアレンジを加えることで対処できたのだが、話し方はややしどろもどろになってしまった。

彼は自分の出来ばえに100%の自信は持てず、結果が出る日までやきもきして待つことになった。
当初は二次審査の結果は8月初旬に出るということであったが、電話インタビューの後にそれが8月末になると聞いたので、その期間待つことを彼は覚悟していた。
しかしIAF事務局からの連絡は思いのほか早く、1週間ほど後にやって来た。

結果の連絡は、またしても電話である。
こちらからではなく、先方から電話がかかってくる場合は主導権を完全に相手に握られるのだが、事務局は敢えてそれを狙っているのだろうか?
いずれにせよ、よい結果であれば主導権を握ろうが握られようがどうでもよいのだが・・・

息を飲んだ彼が受話器越しにJoin us at IAF2001事務局の担当者から聞いた言葉は――「おめでとうございます」!!

第44話に続く)

拍手[2回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.