Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.26 (Wed) 07:37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2010.10.26 (Tue) 03:51
世の男たちには、ちょっと耳の痛い話が英科学誌Nature(ネイチャー:トップレベルの科学雑誌)に発表された。

父親の食事が、娘の健康に影響するらしい。

息子ではなく、娘。


一般的には、子供の身体的な発生は、親の遺伝子(DNA)によると考えられている。

これまでの常識では、
「どんなに暴飲・暴食をしようとも遺伝子に影響はないので、生まれる子供の健康にはまったく関係しない」
と考えられていた。

ところが、ラットでの研究ではあるが、
オス親に高脂肪食を持続的に与えた場合、雌性の仔に糖尿病のような症状(グルコース耐性とインスリン分泌の低下)が見られることが分かったのだ。

つまり極論すると、
「コテコテの脂っこいものを習慣的に食べている男性が性交して女の子が生まれた場合、その子に糖尿病のような症状が出る可能性がある」
ということ。

その原因として、高脂肪食がオスの精子形成に何らかの影響を与えていることが考えられる。


親の生活習慣など、遺伝によらない原因で子の発生が影響を受けることは、母親についてはすでに知られていた。

ところが今回、父親の食生活が子供の健康に影響を与えるらしいことが初めて分かった。

このことがヒトでも明らかになったら、世の父親は「私に糖尿病のような症状があるのは、お父さんのせいだ!」と娘に言われる時代が来るかもしれない。


さらに言うなら、親の喫煙や睡眠などの生活習慣が、生まれてくる子供の健康に影響を与えることが、今後の研究で分かってくるかもしれない。

拍手[6回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.