Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.21 (Fri) 03:36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2010.11.03 (Wed) 23:47
白血病といえば、ドラマ化・映画化もされた小説「世界の中心で、愛をさけぶ」を思い出す人も多いだろう。

この白血病には、いろいろなタイプがある。

不勉強な私は、赤ちゃんが母乳を飲んで感染する白血病があると聞いて、いたく衝撃を受けた。



きっかけは、HTLV-1の世界的な研究者であるOka T先生と、偶然お話したこと。

HTLV-1(ヒトT細胞好性ウイルス1型)は、成人T細胞性白血病という病気を引き起こす(詳しくはこちら)。


「なんか、この地域には白血病が多いね」というのが発見のきっかけらしい。

いわゆる風土病である。

西日本新聞の記事によると、日本全国の感染者は約108万人で、そのうち約46%を九州・沖縄が占める。


勝手に想像してみると、「セカチュウ」のアキがHTLV-1感染者だった可能性もあるのではないか!?

HTLV-1は西日本で比較的感染率が高いが、セカチュウの舞台も四国か九州とされる。

HTLV-1による白血病の発症は40歳以上が多いが、まれに若年発症もある(ソース)と・・・



病気にも歴史がある。

この白血病は、日本では弥生時代から今に伝わるらしい。

その原因であるHTLV-1ウイルスの保有率は、世界各国と比べて日本人で高いとのこと(ソース)。


HTLV-1ウイルスは、母親の母乳を介して赤ちゃんに感染する。

仮に感染しても発病率は5%程度とはいえ、子を持つ親は無関心ではおられまい。

ましてや妊婦さんにとっては、脅威的な事実に違いない。


しかし、感染の予防は驚くほど簡単だ。

母乳を55℃で一分ほど暖めるか、あるいは-20℃に凍らせたあと解凍して飲ませればよい。

ウイルスは宿主の細胞(母親由来)がいなければ生きられないので、暖めたり凍らせたりして細胞が死ねば、感染の恐れはなくなるのだ。


これから子を産もうとする女性にとって、自分が感染者であるか否かは重要な情報だ。

それを調べるための妊婦検診を、全国一律国費でまかなうよう働きかけているのが、民主党の福田衣里子議員。

福田さんと言えば、薬害肝炎訴訟で注目を集めた方。あれももう6年前か。

福田さんの活動が功を奏してか、先の10月5日にはHTLV-1の検査を公費負担の妊婦検診に追加することが決定された。


妊婦さんがHTLV-1感染の有無を調べる検診を受けられるということは、極めて重要な意味がある。

自分がHTLV-1感染者であることが分かったとしたら、それはショックだろう。

しかし、子供にうつさないようにすることは可能なのだ。

そうやって感染が抑えられれば、未来の世代に白血病で苦しむ人が少なくなる。


政治家が私達の暮らしをよりよくする過程を、垣間見た気がした。

拍手[6回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
★無題
NAME: kanya
こんにちは。初コメントします。

うちの父の父方の家系がこれでした。
(ちなみに実家は宮崎です)
私自身もずいぶん心配しましたが、
妊婦健診では陰性。ホッとしました。

風土病の一種とはいえ、今は
日本全国に人が移動していますし、
妊婦全員が検査を受けるべきだと私も思います。
2010/11/04(Thu)11:07:44 編集
[Ken Takahashi] kanyaコメントありがとう!
HTLV-1の妊婦検診が全国一律で国費負担になったのは、いい動きだよね。

男性にも当然キャリアがいるだろうけど、僕自身はまだ検査受けたことないな
【2010/11/04 18:44】
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.