Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.12.11 (Mon) 18:23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2010.11.06 (Sat) 23:50
生涯で、これ以上のものは現れないという、確信が持てるもの。

私はそれに20年ほど前に出会った。

そして、それは今も変わらない。


グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調・第2楽章
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:カラヤン ピアノ:ツィマーマン

グリーグのピアノ協奏曲イ短調。

思えば、人にしろ何にしろ、私は一目惚れをしないようだ。

この曲もそう。

何回か聴いているうちに、気がついたらスッと心の中に入ってた。


第1楽章は、多くの人がきっと聞いたことがあるだろう。

上の動画の第2楽章は、私がもっとも愛する音楽。
(プチプチとノイズが入っているのが残念!)

前半部は、オーケストラの無上の安らぎが聴く者を包み込む。
途中から、信じられないくらい美しく澄んだピアノが入ってくる。
あたかも地上に天国が現れたかのような、高貴な調べ。

そして第3楽章は、世界が終わりの危機から救われたかのような、力強い堂々としたクライマックスで終わる。

グリーグ:作品集
グリーグ:作品集
posted with amazlet at 10.11.06
オムニバス(クラシック)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2005-03-23)
売り上げランキング: 50754

気高い曲なので、日ごろいつも聴くというようなものではない。

雑音なしの状態を30分作る、というのは意外と気合がいる。

それはあたかも、憧れの人に会うときに、周到に準備して臨むようなもの。


ちなみに、いつも聴くのはこんなの↓


いわゆるハウスミュージック。

高速乗ってるときに流すと最高っス。

ハウスは日常的に聴くけど、墓場まで持って行けるかとなると・・・

拍手[4回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189] [188] [187]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.