Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.10.18 (Wed) 14:50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2013.12.30 (Mon) 00:57
映画『ゼロ・グラビティ』を観た。
この映画を一言で要約すれば、「あきらめるな」ということになるだろう。

『ゼロ・グラビティ』は宇宙飛行士を主役とする、いわゆる宇宙モノである。
ジェームズ・キャメロン監督、宇宙飛行士の角野直子さんやホリエモンなど、各界の著名人がこの映画についてコメントしていて、絶賛しているものも少なくない。
私の感想はというと、時間がとても自然に流れていったという感じだ。
作品中に過度の脚色がなく、無重力での物体の運動やISSの構造などはかなりリアル。
「それはウソでしょ」というところがほとんどない。

「ほとんど」の例外は、主役の女性宇宙飛行士の心理特性だ。
危機的状況で動揺するのは理解できるのだが、あの状況で命をあきらめるのはどうか。
ああも簡単にすべてをあきらめてしまう人が、国家によって宇宙飛行士に選ばれてしまうことが、実際にあるのだろうか?

温度差が激しく空気のない宇宙が過酷な環境であるのは間違いない。
しかし、我々が生きているこの地球上のごくありふれた生活も、私も含め多くの者にとって容易ではない。
ときには(あるいはしばしば、いつも)過酷である。
文字通りの生命までは奪われないまでも、不正行為やセクハラなど、状況判断のミスがあればキャリア上死んでしまう可能性はままある。

難問に直面した時、簡単にあきらめてしまうようではこの世で生き残れない。
映画中のコワルスキー宇宙飛行士のように、死が避けられないことが明らかになった場合でさえも、取り乱さずに最善を尽くさねばならない。
それは宇宙だけでなく、どこにいようが同じだ。

どんなときにも最善を尽くす。
そこに生きることの本質があるのではないか?

拍手[3回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.