Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.26 (Wed) 07:33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.08.24 (Wed) 23:53
今週の日曜、レオナルド・ディカプリオ主演の『インセプション』を観た。
私の周りでも、口コミで評判が良かったから。
どれどれと思って見てみると、評判に違わず面白い映画だった。

この映画で一番重要なことは、「自分は何を信じるか」ということではないか?
映画の中で主人公ドム・コブたちは、人の夢に入り込む。
夢の中で夢を見て、その夢の中でまた夢を見て、という複雑な展開だが、そうなると何が本当なのか分からなくなってくる。

コブは自分の子供たちと再会することを夢見て仕事を続けている。
奇想天外な展開にハラハラさせられるが、最後にはコブの夢は叶った、かに見える。
しかし、コブの夢が実現した、ということが夢か現実かは、はっきりとは描かれていない。
まるでクリストファー・ノーラン監督が「あなたはどう思う?」と観客に問いかけているかのように。

映画の中でもいっているように、夢の中では、起こっていることが現実だ。
精神は、現実の世界から影響を受ける。
そして、夢とはその人の精神世界の投影だ。

さらに、夢の中で起こったことは、現実の世界に影響を与える。
例えば、よくいわれるように、何かの問題について集中して考えていると、その答えが夢の中で得られたりする。
確かにこうなってくると、夢か現実か、一体何が真実なのか分からなくなってくる。

だから、「自分は何を信じるか」ということはとても重要だ。
なぜなら、夢の中でも、現実でも、その人の世界はその人の信念の投影だから。
他の言い方でいえば、人は自分の信念の眼鏡を通して世界を見る、ということ。

だからこそ、何を信じるかというのは本当に大切だ。
そして、映画の中でもいっているように、アイデアは伝染する。
一人の人間が考えていることが、他の人間にも伝わっていく。

奇跡は、それを信じる人にのみ訪れるという。
それは、奇跡を信じる人にとって――また別の言い方をすれば、奇跡を信じる人の世界では――それは現実に起こりうる対象だからだろう。
私には、主人公コブは最愛の子供たちと再会するという、自分の夢を実現したと思われてならない。

インセプション [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-07-20)
売り上げランキング: 196

拍手[1回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[358] [357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.