Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.10.18 (Wed) 14:51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.08.15 (Mon) 00:53
黒澤明の『七人の侍』を観た。
夢中で観ていたのだが、終わった後にこの映画が3時間半近くもあることを知って驚いた。
白黒映画で音質もよくない(1954年当時では最高の画質・音質だったそうだ)のだが、途中まったく退屈しないどころか、前のめりでテレビに釘付けになってしまった。

時代設定が戦国時代で、役者の衣装やセットの建物はボロい(意図的にそうしているらしい)ので、私も含め普通の現代人が持つ映像美の感覚とはずいぶんずれがある。
たぶん、3Dのド派手な映像もなく、小汚くてムサい男ばかりでてくるこの白黒映画の紹介映像を見ても、「見たい!」と思う人はほとんどいないのではないか?
しかし、実際に観てみると前のめりで釘付けになってしまうのは、脚本や演技や映像のカットなど、映画の本質のところが素晴らしいからだろう。

逆に、時代や場所を問わず、人間にとって本当に大切なものは何なのかということが伝わってくる。
たとえば、何のために人は生きるのか、どうやって人は生きるのか、男とは女とは、などなど。
おもしろさというものも時代に関係なく普遍的なもので、途中何回も声を出して笑ってしまった。

見終わった後に調べてみたところ、黒澤明という人も相当に個性が強烈な人らしい。
俳優が火傷をするまで演技させたり、映画会社の制作費を使い切ってしまい自分の邸宅を抵当にして撮影を続けたり。
「世界のクロサワ」として人々に多大な影響を与え、歴史にその名前を残すのは、仕事に対して妥協しない徹底的なこだわりのために違いない。

人に火傷や怪我を負わせる必要はないが、よい仕事をするには、本っ気で仕事と向き合って、魂を注入しなければならない。
仕事に対して、妥協の許せない一線がなければならない。
自分は、自分の仕事に魂を注ぎ込んでいるか?

七人の侍 [Blu-ray]
七人の侍 [Blu-ray]
posted with amazlet at 11.08.15
東宝 (2009-10-23)
売り上げランキング: 12338

拍手[1回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[357] [356] [355] [354] [353] [352] [351] [350] [349] [348] [347]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.