Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.23 (Sun) 21:49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.10.02 (Sun) 00:18
日本では、1992年頃に学習指導要領の改訂があり、小学5年生の教育に「月経」「射精」「生命の誕生」の項目が導入された。
2002年には厚生労働省外部団体「母子衛生研究会」が「思春期のためのラブ&ボディBOOK」を発行したが、この本は国会議員などから少なからぬ反発を受けて発行停止になった。
最近では、東京都がアニメ・ゲーム・コミックにおける過激な性描写を規制する条例を可決し、「非実在青少年」問題の議論を呼んだことが記憶に新しい。

漫画等の過激な性描写には、少なからぬ問題があるだろう。
しかし、性教育のすべてがタブーであるかのように扱うのはいかがなものか?
子供に性教育を行うことの、何が問題なのか?

逆に、子供に性教育を行わないことによって生じる問題は、確かにある。
それは何といっても、意図しない妊娠と、AIDSなどの性感染症だろう。
性行為とはどのようなものであり、それがどのようなリスクを持つのかは、子供もいずれは知る必要のある、重要で基本的な知識だ。

それだけではない。
性行為が悪であるかのように教えることは、健全な精神の育成を阻みさえするのではないか?
セックスがタブーであると教えることは、人間の営みが悪であると教えるようなものだ。
体外受精という例外はあるものの、基本的にセックスをするから子孫が受け継がれていくのであって、その意味では性行為とは貴いものではないのか?


智を授けないことは、暗愚に導くようなもの。
それは性教育に限らず、あらゆる局面において同じだ。
最も大切なことは、正確な知識を与えて、かつ、どのように行動すればよい生き方ができるかを、自ら判断できるように導くことだ。

私には、まだ幼い娘が二人ある。
人間とはどのようにして生まれてくるのか。性行為とは何なのか。そしてそれにはどのような危険があるのか。
来るべき時に、それをしっかりと教えたい。

(この記事は萱野稔人編『日本言論知図』に着想を得て書きました)

最新 日本言論知図
最新 日本言論知図
posted with amazlet at 11.09.25
萱野 稔人
東京書籍
売り上げランキング: 5873

拍手[2回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356] [355] [354] [353]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.