Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.26 (Wed) 07:35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2010.06.09 (Wed) 20:09
先日、火星飛行を模擬した有人閉鎖実験がスタートしたという記事を目にした。
長期の有人閉鎖実験が計画されていることは、数年前JAXAの某氏から伺ってはいたが、とうとう来たという感じかな。

有人火星飛行は、ロシアとヨーロッパが比較的早い時点から具体的な計画を発表していたという印象があるが、調べてみたら1950年頃から様々な計画が発表されていたらしい。
アメリカは先日オバマ大統領が新宇宙政策を発表し、その中で有人火星探査が謳われているが、実現可能性を疑問視する声もあるとか。

現在の計画は概ね、2030年頃に宇宙飛行士6人程度を火星に向けて出発させ、約2年間で地球まで往復させる、というもの。
地球と火星の位置関係と運行から、2年間という数字が出てくる。
また、位置・運航から出発できる年月日も自ずと決まってくる。

記事によると、実験に参加しているのは「ロシア人3人のほか、フランス、イタリア、中国から各1人」とのこと。
人種の構成は実際の飛行を想定して決めているだろうから、ここに日本が入っていないのは由々しき問題だ。
最近宇宙業界の方と話をする機会がないので、おもしろい裏情報もないのだが、推定するに、日本はアメリカ側の計画に乗る意思を表明したことでロシア・ヨーロッパの計画から外れたのではないか?

いずれにせよ、現時点ではロシア・ヨーロッパ組が先行しているように見える。
人類史を飾る初の有人火星探査は、ロシア・フランス・イタリア・中国から成るか!?

拍手[3回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.