Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.26 (Wed) 07:36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2012.12.02 (Sun) 23:00
「何のために人は生きるのか」とは、誰しも一度は考える問題だ。
トルストイの『アンナ・カレーニナ』には、この問題への答えがある。

その答えを一言でいってしまったら、がっかりしたり反発したりする人も少なくないだろう。
正直なところ、何の前触れもなくそれを言われたら、私もちょっと身構えたに違いない。

しかしこの本を最後まで読み進めると、それが自然に受け入れられる。
自分一人だけでなく、全世界のあらゆる人が疑うことなく受け入れるもの。
何のために生きなければならないのか、何が善なのか。

アンナ・カレーニナ〈上〉 (岩波文庫)
トルストイ
岩波書店
売り上げランキング: 68989

それは、キリスト教、仏教、イスラム教といった宗教の垣根を越えている。
しかしそれは、何か高尚な知識の延長線上にあるのではない。
私たちを取り巻くありふれた日常の生活の中にあるのだ。

物語の舞台は140年前のロシア上流社会。
一見私たち日本人には縁遠そうだが、描かれているのはさまざまな人物の家庭生活。
登場人物はみな人間臭く、誰しも自分の身近に似たような人物を見つけるだろう。

テレビも電灯すらもなく、ようやく鉄道が普及した時代。
一方の私たちの世界は、ネットも携帯電話も当たり前で、いまにも宇宙旅行が普及しようとしている。
技術的・物質的にははるかに進歩したが、みんなが世界同時不況だ欧州経済危機だと騒ぎ立て、未来はおろか今日いまの生活にさえ不安をいだいている。

そんないまこそ、「何のために生きるのか」が意味を持つ。
この普遍的なテーマは、140年たった今も変わらず読者に訴えかける。
そして、人間の生活が続く限り、この物語は語り継がれていくに違いない。

拍手[1回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [379]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.