Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.07.21 (Fri) 03:31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.01.06 (Thu) 00:00
4歳の娘が、ピアノをやりたいと言い出した。

物事に興味を示すというのは、子供にとっては特に大事なことだ。

すべてはそこから始まるのだから、このサインを見逃してはならない。


とはいえ、いきなりピアノを買い与えるわけにもいかない。

どうしたものかと考えたら、iPhoneのアプリで「PianoMan」なるものがあることを発見。

上から降ってくるサインに合わせて鍵盤を押すと、曲が弾けるというもの。


試しに私が弾いてみたら、しめしめ、娘は興味を示した。

楽譜が読めなくても弾けるのがいい。また、演奏後に点数が表示されるのは、上達の目安になる。

娘のお気に入りは「崖の上のポニョ」のテーマ。結構難しい曲だが、やはり「好き」の力は素晴らしいもので、数日のうちにメキメキと点数を上げてきている。


娘は幼稚園の課題で、冬休みの間に毎日この「ピアノ」を弾くことを約束した。

約束を果たした暁には、キーボードを与えるつもり。

キーボードとはいえ、娘にとっては初めてのリアルの鍵盤になる。最近のキーボードは音色もいいし、練習機能も充実している。


このキーボードにも本格的に打ち込むようならば、ピアノのレッスンに通ってもいいだろう。

常々思うことだが、親が子供の才能を潰してはならない。

子供には無限の可能性がある。それを、いかに引き出せるか。


子供のピアノのことを考えていたら、「大人の仕事も同じだな」と気付いた。

日頃、私は「もっと大きな仕事をしたい」と思っている。

しかし、仕事をさせる側からすれば、いきなり大きな仕事を任せるわけにはいかない。


まずは、小さい仕事できっちり成果を出せるかを試されるだろう。

あたかも、娘が本物のピアノをやる前に、「PianoMan」である程度弾けるようになることを私が試しているように。

大きな仕事をする前に、小さな仕事をしっかりこなせることを示さねば。

拍手[1回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240] [238] [237]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.