Web制作 忍者ブログ

DATE : 2017.10.20 (Fri) 23:25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!


DATE : 2011.01.11 (Tue) 01:48
4歳の娘が「6歳になったら、ママと一緒にテニスがしたい」と言った。

私は少し考えたが、「6歳になるまで待たなくても、今すぐできるよ」と返した。

思い立ったが吉日。なにもわざわざ2年間指をくわえて待つ必要はない。そのことを教えたかった、というのもある。


2歳の娘も巻き込んで、早速近所の公園でテニスを始めた。

とはいえ、ラケットを握ったこともない子供が、いきなりポンポン打てるようになるわけではない。

まずは、右手でラケットを持って、投げたボールを打ち返す(というよりも、ラケットのどこかに当てる)練習を始めた。


2歳の娘もなかなかやるもので、当たったことを褒めてやると、集中して「レッスン」を受ける。

ところが、私の代わりに家内が「コーチ」をすると、途端に砂遊びを始めてしまったようだ。

家内はそれがなぜなのか、とても不思議がっていた。


子供にしろ大人にしろ、生徒が指導者の指導についてくるかどうかを決める、決定的な要因がある。

それは、「期待に満ちた雰囲気」

指導者が生徒に対し「私はあなたの能力を信じている。私はそれを引き出したい」という態度で接するとき、生徒は最大限の能力を発揮する。これは、指導者を上司に、生徒を部下に置き換えても成り立つ。


2歳の子供でも、その雰囲気をすぐに見抜く。

あるいは、子供の方がその雰囲気に敏感なのかもしれない。

テニスにしろピアノにしろ、子供がどの程度まで習得するかは「神のみぞ知る」だが、親としては子供の能力を信じてやりたい。それは、人間の潜在的な力を信じる、ということでもある。

マトリックス [Blu-ray]
マトリックス [Blu-ray]
posted with amazlet at 11.01.11
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 893

私は、映画「The Matrix」が大好きだ。サブタイトルは「Believe the unbelievable」。日本語では「なぜ信じない?」という訳が当てられていたと思う。

主人公ネオは、最初は何も信じることができない人間だった。つまり、何事に対してもunbelievableであった。

ところが、彼の能力を信じる指導者モーフィアスに導かれ、自分に秘められた力を信じる(believe)に至る。この映画には「心の中に作ってしまっている限界の壁を取り払え」という、強烈なメッセージが込められている。


人間、自分の能力を過小評価してしまうことがままある。

自転車に乗るときや着替えの時など、子供が「できない!」といって泣き出すことがしょっちゅうあるが、「こうすればできるよ」と言って冷静に行うことを促すと、あっさりできてしまったりする。

それは、心の壁(boundary)が、取り払われる瞬間だ。そして、これは非常に重要なことだが、そんな壁は物理的には存在しない。自分が勝手に作ってしまっているだけである。


子供たちには、銃の弾丸をよけろとまでは言わないが、自分の力を信じられる人間にはなって欲しい。

拍手[3回]

PR

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
 ←クリック一発ずつ、清き
  一票をお願いします!

[250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241] [240]
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
Twitter
Profile

Ken Takahashi

★赤い酔星
 (飲むと通常の3倍陽気になる)
★医学博士
★鉄人
★ペーパー獣医
❤I love House music!

■人生一度きり、悔いのないよう
大きな目標を目指したい。
■座右の銘:
意志あるところに道はひらける
最新コメント
[11/13 SLT-A77]
[09/03 きゅー]
[05/30 Ken Takahashi]
[05/30 あす]
[05/27 マエノメリ]
Counter

Since 16 Mar 2006.